2020年畑日誌⑧大豆の脱穀

すっかり慌ただしい日常を言い訳にして、秋冬野菜、出遅れました。完全に。

大根、白菜、にんじん。

あとは、白菜のコンパニオンプランツで植えたサニーレタス。

 

それくらいですね・・・

 

というわけで、大豆のことくらいしか書くことないのですが(汗)

 

やっぱり干した後、めちゃくちゃ大変です。

はざかけみたいに干していましたが、これだと大豆、はじけてきて、落ちてしまうのですよね。

というわけで、さやだけとっておくことにしました。

サンルームでぷちぷち・・・

 

あやうく、熱中症になりそうになりました・・・冬だからって油断した。あぶないあぶない。

 

そして、そのあとのさやと豆の分別が、なかなかいい感じの方法が見つかりません。

収穫かごの網目を利用する?→細かいさやもおちる。

ざる?→大きいさやが残る

 

というわけで、収穫かごを利用して大きなさやだけ除き、

そのあとはざるを使って小さいごみを下に落としてあとは最後、手で選別しながら・・・という

めちゃくちゃアナログな方法になりました。

 

唐箕っぽくサーキュレーターでとばせるか?と思いきや、風力全然足らずで無理でした・・・

 

た、大変だ・・・

 

で、半日家族4人総出でやって、やっと1/3終わりました・・・

これで2.5キロくらいですね。

あと2/3・・・どうすべ・・・・

 

いや、本当に足踏み脱穀機と唐箕、ほしいです。切実です(笑)