2021年田んぼ日誌⑥ふみしろ

2021年5月17日

原村で1反ちょっとの田んぼを非農家の5家族でシェアしてお米作りに真剣に取り組んでいるシェア田んぼ。

田んぼは5年目、本格的な取り組みは2年目となります。

2021年の田んぼ日誌はこちら

2021年田んぼ日誌①育苗準備

2021年田んぼ日誌②モミまき

2021年田んぼ日誌③育苗

2021年田んぼ日誌④湧き水せぎあげ

2021年田んぼ日誌⑤代掻き

さて、田んぼに水をためるための代掻き。トラクターを借りて作業をお願いして、なんとかなんとか第1回を終えました。

 

翌朝・・・一枚の田んぼ・・・

は、畑状態・・・orz

あ、でも、代掻き前はもっとカラカラだったので、まだよくなったほうなのです。

もう一枚のほうは・・・

ま、まずまずですかね・・・

 

しかし、このままだとあと2回、いや、3回くらい代掻きしないといけない感じですね。

ということは・・・いちいち機械借りてたら5万円くらいになってしまう・・なんてこった。

 

その前に・・できることないかな・・・

そういえば、小学校の田んぼは代掻きはみんなで田んぼにはいって踏み踏みしてたらしいぞ。

 

いっそ、みんなで一通り踏んでみよう。

というわけで、急遽、田んぼを踏んでいくために集まりました。

ふみふみ

 

ふみふみ。

 

畔側もふみふみ

 

こんなんで変わるのだろうか。これで変わらなかったらやはり機械を借りようか。

手探りすぎるわたしたちの作業・・・ちょっと不安なまま作業を終えると、田んぼに通りすがったおじさんが声をかけてくれました。

 

がんばってるねぇ。

昔はそうやってみんなで踏んで田んぼやったもんだよ。ふみしろっていってね。

 

!!

そうなのかーーー

ふみしろっていうのかーーー

 

この一言がどんなにうれしかったことか。こうやって声かけてくださって本当にありがたかったです。

 

そして翌朝。

 

わーーーーー

 

びふぉー

あふたー

水がたまってる!!!!

 

 

わーいわーいわーい

 

踏んでよかった!

 

というわけで、もう1枚の田んぼも踏み踏みして、

田植え前にもう一度みんなで踏み踏みして「ふみしろ」やろうと思います。

 

今の規模だったら、みんなでできるし、機械を借りなくてもいけることがわかっただけでも本当にありがたい経験でした。

よかった、やってみて。

学びは続きます。