2021年田んぼ日誌②モミまき

2017年から取り組んできた田んぼ。仲間たちと楽しく、そして真剣にとりくんで5年目となりました。

今年の日誌はこちら

2021年田んぼ日誌①育苗準備

 

昨年の育苗準備の大きな反省点は、芽出しをするときに(積算温度をみながら水につけていく。1週間くらい)温度をあげすぎてしまって、芽がのびすぎてしまったこと。

こんな・・・ベテラン農家さんに「あー、こりゃだめだ・・・」といわれたくらいでした。

 

今年は温度管理に氣をつけて、というか、毎日水を変えながら、水につけましたが寒いところ、玄関のあたりにおいておきました。おそらく水温10度以下。

前日の午後遅い時間からお風呂のお水(40度前後)に6時間くらいつけて、乾かし・・・

 

ちろっと芽が出るいい感じになりました。

 

今年も2キロの種モミをみんなでわけて分担で芽出しです。

半分→直播

半分→5家族で分担。

みんな、それぞれいい感じで芽出しができた模様。

ちょっと伸びちゃってるモミもありますね・・でも、昨年と比べたらいいのではないかな。

 

・苗トレーは、友人から譲ってもらいました。

・土は、昨年用意したもの(苗用の育苗土、植物性肥料 10:1の割合)

・シートは慌てて当日買った(紙製のもの)

 

今年は、育苗は各家庭で2トレーずつ担当して、挑戦します。

(昨年は農家さんのビニールハウスの一角を貸してもらった。)

 

運ぶときにずれないように、余ったトレーで蓋をして、紐で固定します。

 

育ってくれますように・・・☆

 

ちなみに、直播したところは、寒い日が続いたせいか、まだ氣配もありません。

ちょっとモミがでてしまっていたので・・かぶせて

 

育ってくれるかな・・・

 

何事も、挑戦ですね。