長崎旅行記番外編 ~幸せな締めくくり~

2019年2月11日

番外編は、実は自由が丘が舞台。

長崎旅行記なのに自由が丘

あはは・・でも、私の中ではこの日まで旅行が続いていたような感じだったのだよ。

ブログを通じてご縁をいただいたさくらひめさんと、よつばさん。
前回お会いしたのは1年ちょっと前。(前回はよつばさんがいろいろ爆笑させてくれたんだよね・・様子はこちら

帰宅した翌日に長男を連れて自由が丘で一緒にランチをする約束になっていた。
お二人とも私たちの体調を気遣ってくれたのだけど、不思議と私は絶対に大丈夫だと思っていた。

予想通り・・
私も長男もものすごく元気

長男に至っては、前からとても楽しみにしていて、朝7時の時点ですでに着替えを終了し、自分のリュックをしょっているありさまだった・・・

今回は駅から近いお寿司屋さんでランチしましたよ。

お子様ランチもあってねー


私はレディースランチをいただいた。

さくらひめさんもよつばさんも、とても久しぶりにお会いしたのに、まるで昨日も会っていたかのように自然にお話ができた。

その中で、今回の旅行の話をしたら、二人とも口をそろえて

それは、本当に親孝行だったね。
特にご主人は感謝していると思いますよー

といってくださったのだ。

そうかぁ。そうかな。
親孝行までは思っていたけれど主人が感謝してくれているなんて、思ってもいなかったのでとても嬉しくなった。

そして旅行中は何かとわがままになって叱られてばっかりだった長男。
優しい優しいお姉さま方にたくさん褒めてもらって、すっごくいい顔をしていた。

ランチも一人で全部食べたし・・・
嬉しそうにお絵かきをしてみせてくれたし・・・

久しぶりに見せる充実した表情の長男をみて、私もいろいろと気づかせてもらった。
そして楽しい時間はやっぱり・・・最高の癒しになるのだ

たくさんの小さな奇跡話はあるのだけれど、それは書ききれないんだよね。

やっぱりご縁って・・宝物ですな
ありがとう。ありがとう・・・

そして帰宅後、主人の様子をよく観察してみたけれど・・・
特に感謝されるわけでもなく、フツー

ま・・こんなもんかね・・・

そう思っていたら、翌日の夜、長男と二人で夕食を作ってくれるといいだした。

主人のポトフ、独身時代はたくさん食べさせてもらったけど久しぶりだなぁ。
長男と二人で調理する光景はなんとも幸せだった。

ノンアルコールビールとともに。

幸せな旅の締めくくり。
私はいつも、やっぱり幸せだ。