キャラと統合

少し前から「統合」という言葉が、あらゆる方面から飛び込んできた。
意味について特に考えることもしなかったけど、これかしらんって思ったことがあった。
先日の英会話サークルでのこと。トークテーマは「キャラクター」。そこで、自分で話しながら感じたことが、
自分はどこまでキャラ作りをしてきたんだろうなー
ということだった。
とにかく周りの目が気になって仕方なかった頃は、自分の立ち位置を安定させるために、自身はこう、というキャラクター設定が必要だと信じていた。
いつも何か、ちょっと変わったことに挑戦している自分
大酒飲みな自分
男前な自分
などなど・・・
妊娠/出産の時はお酒が飲めなくなり、飲めないことに悲しいのではなく、酒飲み、という自分のキャラクターが一つ失われてしまうことに本気で不安というか、恐怖を覚えたんだよね。今考えると笑っちゃうんだけど。
こんな感じで自分を動かす原動力が、キャラ作りにあったことは間違いないと思うけど、一方でそこまで無理をしていたのかなぁっていう疑問も残った。
英語では表現が難しいので、クラスの後のランチで同じ話題についてメンバーと話していたら、一人が
「結局ね、自分にあった波動を選択しているだけだから、そこに尽きると思うんですよね」
ということをポツリと言ってくれた。
(このクラスのメンバー、不思議とスピリチュアルな知識や体験が豊富な方が多い。それぞれ個性があっていつも話題も楽しいのだ。)
そこで、私はハッとした。
私は、自然に自分らしくあろうとすることにこだわるあまり、いつのまにか過去の自分を「キャラ作りの結果得られた偽りの自分」として否定していたのだ。
そして今も、気づかないうちに、過去とは全く違う「○○な自分」をどこかで作ろうとしていなかったか。
そっか。
過去も含めて自分だし、変えようとする必要はないんだよね。
そう思うと自分で押し込めようとしていた「陰」な部分も認めてあげられるような気がしてきた。
思いついてやってみるものの、すぐ挫折しちゃう
人の話をあまり覚えていられない時がある
すごく自分中心な行動をとってしまう時がある
考えすぎてくよくよしちゃう
・・みたいな、ネガティブにみえること。それもすべて自分なのだな。否定する必要はないんだよね。
過去や陰の部分をちゃんと統合して、自分に戻してあげよう。
またひとつ、軽くなった感じだ。
ここのところ、毎日スピリットガイドさんにお願いしているせいか、何かしらのギフト、サプライズをもらえているし、ワークアウトを続けているせいか、身体にエネルギーが満ちてきている感覚もある。
そういえば、学生の頃、エネルギーをもてあましていたなぁ。
さすがに競技スキーはできないけれど、何かエネルギッシュに取り組んでみるのもいいかもしれないな。
まずは髪を思い切り短くして、スピリットガイドさんに委ねてみようっと。