意思と行動が身体に影響を与えることの片鱗に触れる。

おはようございます。八ヶ岳西麓・長野県原村は、クリスマスに雪が降り、標高1500m近くある我が家は原村の中でも「陸の孤島」的な感じにあり、ここだけ雪が積もっている状態です。

 

20センチくらいは積もったかなー。懸命に雪かきして、スノーブーツはいて、長男の部活動の送迎をしに諏訪にいったら、全く何もなくてびっくり。

 

移住して8年目になりますが、同じ原村でもこんなに違ったっけ?と初めて思っております・・・・

 

さて、ここ最近

 

意思と行動が身体に影響を与えること

 

について、なるほどという体験をさせてもらったので、そのことについて書いてみようかなと。

 

先日定期的に身体のメンテナンスでお願いしているマープルさんの施術をうけているときに、「今日のMiyoさんのお体はなんというか、不思議ですね」というコメントをいただきました。腎臓や肝臓の内臓はとてもいい状態になっているのに対し、頭と足にダメージが集中しているという状態。

本来は、腎臓スタートなので、腎臓からダメージをためこんでいくのですが、なんというか、逆?の状態だったみたいですね。

 

で、施術の時に

 

よしりんに会った話をしてきたのです。早めのクリスマスプレゼント~進化をし続けることを、あらたに決意する~

で、よしりんがいろいろなところで言っていますが、「創造主(カミサマ)をしあわせにする言動を契約する」ということを伝えました。

そして、わたしも少し前から、その契約を始めたということも。

 

どうやら、その契約により、身体がまた変化しはじめているようです。強くなってきている様子。

 

実際、わたしも横浜に行ってから、身体の調子が一段変わった感じがあったんですよね。

明らかに人が多いところに行って、いつもなら疲れて帰ってくるはずなのに、シェディングの影響もうけるはずなのに、あまりない。

よしりんに会った喜びのパワーかなーなんて思っていましたが、同時に始めた「契約」のおかげかもしれません。

 

もちろん、身体は身体できちんとケアをしたうえで、になることは大前提ではありますが

意思と行動のチカラ、侮るべからず、ですね。

 

自分の魂に誠実に、そして創造主をしあわせにする言動を心がけていくことが

結局、自分もまわりもしあわせにすることにつながりますよね。

 

コツコツ、できることを続けていきましょう☆