減額交渉

2014年8月2日

以前のブログ(2014年3月20日)より
先日、子供たちを両親にお願いし、お互い仕事を休んで2泊3日で原村へ減額交渉に行ってきた。
やっぱりねー。メールのやり取りだけだと煮詰まるよね・・
直接会って話ができてよかった。

かなり具体的に話ができるよう、一つ一つわたしが読み込んでいたので、

内容的にはとても濃いものにできたのだと思う。
・・・まだ修正見積もりこないけど・・どうなるかなー。
結果として、やはり面積を小さくすることが一番影響するので、かなりちっちゃくなったよ。ま、掃除が楽でいいよね。
<変更点>

・ゲストハウスや両親が滞在する目的の離れを独立してつくる予定を、ドアのみで隔てて別部屋のようにすることに

・離れにトイレをつける予定を、水周りはなしに

・部屋の面積を小さく

・内装でできるところは自分たちでやることに(ウッドデッキも基礎以外は自分たちで)

・家具はほとんど、今のものを持って行くことに

・施主支給できるものは、することに。キッチン、バス、トイレ、洗面台、照明は支給する予定
断熱をはじめ、基礎・構造に関わる部分はわからないし、けずれないし・・・

ということで、やっぱりわたしたちができるところをやる、というスタンスで落ち着くことになった。
さてさて、どうなるかな・・
まあ、峠はこしたような気がするね。

雪の土地

 

この雪がとけたら・・・着工・・できるかなー