変化の序章

思わぬカタチで、かなりの変化を引き起こされた10月31日。

11月に入ってから、その変化は明らかに動き出しました。

 

1年ちょっと、学校をお休みしていた長男、いろいろありまして、学校に行き始めました。

勉強は自宅でやっていたので、勉強面も全く問題なく、

陸上クラブも顔を出していたので、友だちとの交流も今のところ問題なく

先生によると、「いやー・・本当に・・フツーでした・・・」というくらい、「フツー」に過ごせているようです。

 

 

そして、変化の一端はカラダにも・・・

どうも左後頭部がずっと引っ張られる感覚がすごくて、ぞわぞわするのです。

強烈なメッセージ性がある言葉の時?とか、こっちに行け、みたいな感じで

イヤな感じはしないのですが、こういうのは初めてでびっくり・・・

 

そして、タイミングを合わせたように、タロット勉強会でお世話になっているサイキック整体師・マープルさんが

「家族で諏訪大社へいくので、そちらにいきます!」と連絡が。

少しだけですが、お話することができ、いろいろメッセージなども確認できました。

 

その流れで、急遽諏訪大社すべてを参拝することに。

 

前宮、本宮(上社)、秋宮、春宮・・・それぞれが全然違っていて、それぞれからのメッセージを受け取ってきました。

覚悟、前に進む、仲間、チカラ・・・いろんなキーワードをいただきました。

特に・・・覚悟を問われた、大きな変化が起こる予兆を感じずにはいられない、雰囲氣のところもありました。

 

そして、申し合わせたように午前中諏訪大社を巡った後は、数ヶ月前から予約していた秋山峰男さんの個人セッション。

お友だちの竹内香織さんが、昨年の夏に八ヶ岳にお招きした話を聞いてから、次はお会いしたいと思っていたのです。

 

個人セッション自体も久しぶりで、実際悩みもなく、何を聞いて良いのかわからない状態でしたが(笑)

秋山さんが、楽しそうに「こうやってね、こうなってね・・」とご自身の話をされるのを聞きながら、

目の前でわたしの魂から感じたビジョンをカタチにしていかれる様子をみていると、

カラダ全体がゆるみ、心もゆるみ、大いなる安心感とともに、これから起こるであろう変化がとっても楽しみになりました。

 

飾られてあった、絵。これ、全部「宇宙からおりてきた」もので、しかも点描画なんです・・・

すばらしい・・・

 

300年後に、この絵がこうやって使われるんじゃないかなーってさらっとおっしゃった秋山さん。

素敵です・・・

 

1時間のセッションの中で、描かれたわたしからのイメージ。

 

実はこれ・・・

前日の夜、カラダの反応と合わせたエネルギーワークをやっていまして、

その中で、でてきたイメージとぴったりだったのです。

 

驚きと、納得と。

 

そして、秋山さんの解説の内容があたたかくて、嬉しくて、やっぱりそうか、というところもあり。

 

たくさんの流れが、前よりもさらに「ピタっ」とした感じで起こるようになり、もう軽やかにのっかるしかないなと思うのです。

 

 

これからくるであろう、変化がとっても楽しみになったのでした。

 

 

 

 

 

原村生活

Posted by Miyo